仮想通貨への攻撃が増加、悪意あるマイナーが欠陥を悪用

pexels-photo-315788.jpeg
Bloomburg
仮想通貨への攻撃が増加、悪意あるマイナーが欠陥を悪用


さまざまな仮想通貨の取引確認にはコンピューターで複雑な計算を行うものだが、そうしたコンピューターの運用者で悪意ある者がここ数週間に、自身のネットワークを攻撃している。今回の標的は最も広く知られるデジタル通貨、ビットコインから派生したビットコイン・ゴールドだ。

  いわゆる51%攻撃でマイナー(採掘者)は、取引を改ざんするためネットワークの演算能力の半分以上を支配し、不正な利益を得る。これにより、仮想通貨の価値が崩壊する恐れがある。1週間余り攻撃を受けたビットコイン・ゴールドは5月18日以降26%値下がりしている。

Bitcoin Gold's Market Cap Plummets
The drop comes after news of a 51 percent attack


Source: CoinMarketCap

  オートノマス・リサーチによると、仮想通貨のバージやモナコイン、エレクトロニウムも攻撃の標的とされた。比較的小規模な仮想通貨の多くは価値が上昇し、犯罪者にとって貴重な標的となっている。ブロックチェーン・キャピタルのパートナー、スペンサー・ボガート氏は、特定の仮想通貨を攻撃して他通貨の価値を高めたい者もいると指摘した。

  これらの仮想通貨の多くをサポートするマイナーの集団はまだ小規模であるため、悪意ある者にとって51%の演算能力を獲得するコストは比較的かからない。オートノマスによると、時価総額5億ドルの仮想通貨を支配するのにかかる攻撃コストは1時間当たり778ドル程度から。同社のフィンテック戦略グローバル責任者、レックス・ソコリン氏は「コミュニティーが小さいインフラは脆弱(ぜいじゃく)だ」とも指摘した。


脆弱性と言い切っているが、PoWの運命でもあるので、一概にそう言い切るよりも、コミュニティーが防衛策をどうコンセンサス(合意)を得るのか、或いはそもそもその仮想通貨が市場に本当に必要とされ需要があるのか、そちらを議論することこそが、本当に意味のあることかとは思います。





この記事へのコメント

↓下のボタンをクリックいただくと、↓ 
もっと上位の著名ブロガーさまの記事をブックマークが可能!
ご参考程度にお勧めします。


Smartphones Clearance Salebutton