LINE、仮想通貨取引所を7月オープン。日米のぞくグローバルで取引可能

pexels-photo-730547.jpeg
engadget日本版, Bloomburg, bitbox (India)
LINE、仮想通貨取引所を7月オープン。日米のぞくグローバルで取引可能 - engadget日本版

法定通貨ー仮想通貨間の取引は実施せず

LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」を7月にオープンします。日本・米国を除くグローバルで利用可能。取引は仮想通貨同士のみで、法定通貨による仮想通貨の売買は実施しません。

取り扱い予定の仮想通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインを含む30種類以上。
(後略)


LINE:悲観論もシンガポールで仮想通貨取引に参入-7月から - Bloomburg


無料通信・通話アプリ大手のLINEは、7月からシンガポールで国際的な仮想通貨の取引業務に参入する計画だ。仮想通貨相場の先行きに悲観論も浮上する中、収益源を広げるためサービス開始に踏み切る。同社の出澤剛社長が28日に東京近郊で開催中のイベントで明らかにした。

  サービスを始めるのは「BITBOX(ビットボックス)」で、ビットコインやイーサリアムなど30種以上の仮想通貨を扱う予定。仮想通貨同士の取引のみで日本円など当局が認める通貨との取引はできない。15カ国の言語で、日本と米国を除く世界の投資家にサービスを提供する。取引手数料は0.1パーセント。

  LINEは主力の無料アプリユーザーの伸び悩みを受け、電子決済、証券といった金融や通販などへ事業領域を拡大している。 アプリユーザーを中心に新サービスの利用者として取り込み、広告以外にも収益源を広げる狙いだ。仮想通貨市場では主要なビットコインなどの軟調が続いている。

  出澤社長は仮想通貨取引への参入について、「われわれの新しい領域への挑戦、グローバルへの挑戦を応援していただければ」と意欲を見せた。

  複数の関係者によると、LINEは仮想通貨取引で通常の無料通信・通話とは別の専用アプリも開発中という。この関係者によれば、同社者はブロックチェーン技術のセキュリティ会社のBitGo Inc.と提携している。(後略)


昨日の社長の発表で、ローンチが3日後の2018年7月からとのこと。セキュリティー面はBitGoと提携の様子。
それにしても、bitboxと聞くと、真っ先にインドの既存の取引所、bitboxを思い起こしてしまったり、bitbox walletを思い出すのだが
商標登録など、大丈夫なのだろうかと、余計な心配はしてしまいます。

法廷兌換通過fiat換金はしない取引所のようですので、ビットコイン建てなどでのトレードマーケットになるのでしょうか、気になりますね。

FTI :
BitBox | Bitcoin Exchange - India

bitbox wallet (Minimalist hardware wallet)







この記事へのコメント

↓下のボタンをクリックいただくと、↓ 
もっと上位の著名ブロガーさまの記事をブックマークが可能!
ご参考程度にお勧めします。


Smartphones Clearance Salebutton