取仮想通貨交換取引所、きちんと口座解約できる?

pexels-photo-159888.jpeg

仮想通貨の相談3.3倍に、17年度「解約できず」
国民センターまとめ

日本経済新聞社 電子版


仮想通貨の相談3.3倍に、17年度「解約できず」
国民センターまとめ

 仮想通貨を巡る消費者からの相談が急増している。国民生活センターによると、2017年度に全国の消費生活センターなどに寄せられた相談は2816件(暫定)と前年度比3.3倍に増えた。ビットコインなどの価格高騰を背景に、関心を持った投資家がトラブルに巻き込まれるケースが相次いでいる。

 寄せられている相談は「仮想通貨を購入したが取引が完了したとの明示がない。詐欺かもしれずお金を取り戻してほしい」「ネットで見つけた仮想通貨事業に参加したが当初の話と違い信用できない。解約を申し出たが回答待ちにされて不安」といった内容だという。


残高が0で、引き出し済みなら、キチンと口座解約出来る取引所さまと、

そうではなくて、仮想通貨交換取引所の、顧客をはかり見る、ジャッジがまず在りきで、そののち、残高を引き出せての解約か
自社に不利益を被るような、反体制側と見なされると、残高をまるっと没収したりとやり放題だったり、
売買取引端数の、1単位未満の、小数点以下を、払い出せも換金もできないよーっていう、人は
みたことありますね。

みなし業者さまも、金融庁認可済仮想通貨交換取引所さまも、
あらたに自主規制団体を設立する流れになりそうで、
支援で参入のMONEXさまにも期待しています。

顧客資産の保護、これ、資産管理業者(銀行にせよ、証券会社にせよ、保険会社にせよ、不動産業者にせよ、信託銀行にせよ)
一番大事です。

やり放題な規約改正を春にして、顧客を見下して、上からものをいう交換業者さまだと
お客様、怖くなって、離れてしまいそうな気がして、ひとえに心配しています。

商売はそれぞれ、反社会的勢力や、政治ごろつきとは、関わらないという
正しい遵法姿勢は分かっていますが、
消費者契約法で、顧客側が被る不利益事項の、拡大解釈は、大きな問題ありなのを
法務部門の人は、なんで許して、利用規約改正に、盛り込んでしまったのか、
謎としか思えません。

契約なさられておられる取引所や、SNS、SNS分析サービスなど、
各社、クリック一つで、OAuth1.0あたりで、つながれてしまいますが、

そこってYahoo! JapanさまのID、2段階認証とかの方が
もう少し安全なのでは?
と、Facebookの顧客データ漏洩問題を、ラジオ放送で聴きながら

不安に感じています。

wrote by anon. (あのん)

p.s.

お見舞いにメッセージくださった皆様に感謝しています。
だめなこ、あのんは、いま静養中です。

しらばくブログができなくてごめんなさい。

健康第一、国防も大事ですが、彼女のご機嫌第一が
最大の、家内安全です!

彼女さま、大切にね!

この記事へのコメント

↓下のボタンをクリックいただくと、↓ 
もっと上位の著名ブロガーさまの記事をブックマークが可能!
ご参考程度にお勧めします。


Smartphones Clearance Salebutton