あれから



President Online / YouTube


--- この記事は、不快に思わせうる内容を含みます。スルー推奨です。ごめんなさい。 ---

15日ほど経ち、周りもネットも何事も無かったように、
むしろ、ネットで
茶化す人すら多くいたのを、

SNSの社長さまが、沈静化してくださったのか

人の命の、
軽くcheapな扱いに、
驚きと

静かに祈る
静養の日を過ごしています。

自殺


それは、生まれてきたことを歓迎されなければならない
この生き物としての人間が

意思を以て、そうならざるを得ない
外的内的なさまざまな要因が、ない交ぜになってあると思う。

私は、まだ、中途半端な人生しか歩んでないし
学びもとっても足りない。

どうあっても、その人のつらさを分かってあげられなかったことへの
自戒の念しか浮かんでこないのが、切ない。

折に触れ、思い出し、涙ぐみ、仰天し、
泣いていないもん!って意地張ってみても
取り返すことが出来ないことなのかと
しょぼくれてしまう。

ネット社会で、こうやって情報の渦巻きに
かき消され、助けての声を聞き逃してしまうことの
怖さや

幇助するような悪い人々をどう食い止めたらいいのか

道徳の授業を今更説いてもなぁとも思えてしまうし
反社会的勢力に与さないことの大事さや

やったらダメでしょ!?ってことを
平気で裏でする人々(個人ではなく、顔の見えない徒党)を
責めても、煽ればエスカレートするだけで

案外単純に、
誰が冷静で、じっと見てくださっているかも
分かるものなのだなぁという

逃げられない、生きる現実。
それを、もやもやと考えてしまいます。

若い未来あるこれから人生の荒波を
歩み出す人々に、
どうぞ、人の道から外れずに

己の信ずる、覇道でも邪道でもなく、
王道を歩んでほしい

失敗したら、sudden deathな
Game overは無くて

七転び八起きで、
やり直して、全然いい
んだし
職業の貴賎や、学力レベルの差はあれど

それぞれに
個性を大切に、それぞれの花を開くのを
何人も邪魔しちゃいけない!

そんな風に、ぼんやり考えています。

今日、ネット使っていい日でした。

こんな記事を最初に読みました。

うつ病患者に「自殺するな」と言うべきか - President Online

複雑な気持ちになりました。

人生に、正解なんて、ないんですよね。
だから、人は、生きているというこの奇跡の一瞬に
ロングスパンのマラソンランナーのように
コツコツと、あーでもこーでも無い試行錯誤の
人生という、ラボラトリーで、実験と失敗のレポートを
まとめて、失敗から学び進化してゆく

そんな理系の大学院生たちの姿が
真っ先に思い出しました。

彼らは、1週間にいくつもの実験と結果を出し
レポートを上げないとならないため
研究棟に、連日徹夜で泊まり込む、

もうそれは、
言葉を慎まずそのままに言えば

死に物狂い
(自主規制)

で、頑張るわけです。
それは目標達成と、より高い次の目標のハードルを
自分に課し、己と自分の後進を
引っ張り上げるためであったり

研究の成果が、世の人々の
病を治すお薬の開発の基礎研究論文として
評価されたり

或いは、カンファレンスなどで
研究生たちと、
海外とを回線でつないで、
オペの技術向上や
日本でまだ、厚労省の認可が下りていないような
最先端の技術を学ぶために

国や制度、信教や、人種の違いを軽く乗り越えて
人を救う

そこだけで、つながっている
愛のあるつながりだと
そんな昔過ごした時を
思い返していました。

方や、一夜城の築城士のような
にわか大名達が、目先の利益争奪で

総当たり戦で、
お友達を、カモとしての餌食にしてゆく

それを救えなかった。

懇意にしているお医者さまや
ネットでも著名な論客のお方にも
個人的に、ご意見を伺ってみた。

各者各様に答えは違う。

入院というワイルドカードを使う手はありか?

とか

人生で、医者、弁護士、会計士、保険会社、
そして仮想通貨を扱う人を
敵に回すと、大変だよ、


とか

基本、静観で無視のスルーが鉄則


という人もいた

そしたら
自殺。
それって

さ、っていう話し。

悩ましいけれど、
逃げてはならない現実と
理想の狭間で、

今日も明日もまた、泣きべそをかきながら
ダメな子を、やってみます。

次にネットしてもいい日がまたくるといいなぁ。

(* 動画は、本文と全く無関係です。そこもスルーでお願い致します。すみません)





この記事へのコメント

↓下のボタンをクリックいただくと、↓ 
もっと上位の著名ブロガーさまの記事をブックマークが可能!
ご参考程度にお勧めします。


Smartphones Clearance Salebutton